*偉大

母の日の今日は夜勤明けでしたが、職場の病院で看護フェアをやっており、勉強になると思ったので公開講座をうけてきました。

 

講座中も、患者さんや講座を聞きに来た方に寄り添う看護師さんの姿を沢山目にしました。

腰や肩を悪くするまでは、私の母も看護師でした。

今、私は看護師さんのお子さんを預かっている託児所で働いています。その中で、お迎えが遅くなってヘトヘトになってくるお母さんや自分が体調を崩しながらもお仕事に行くお母さん、お休みなのに出勤しに来るお母さんを何度も見て来ました。我が子より、時には患者さんを優先しなくてはいけない看護師さんは、どれほど大変でどれほど責任が重く、どれほど必要とされてる職業かを日々感じています。

また、3月からはじまった病児病後児保育でも毎日のように絶えない問い合わせや利用者の多さに働きながら子育てする事がどれだけ大変かを痛感しています。

 

幼い頃は、体が弱く兄弟で誰かが体調を崩すと順番に入退院を繰り返していた私たちを子育てしながら、働く事は本当に本当に大変だったと今なら少しは理解できます。母にメールを打っていたら、そんな事が頭をたくさん駆け巡り泣きそうになりました。

ありがとうでは、言い表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。

 

元気なうちに、たくさん親孝行したい。いつまでも元気でいてね。

f:id:w27a345e3a275y:20170514202910j:image