*みかた

今日は、お仕事でいろいろ考える事があって煮詰まっていた所でしたが、ポストを開けるとおばあやんからのお手紙が届いていました。

 

小さい時、両親が共働きで母は夜勤もしていて、体の弱かった私たちをお仕事の間みてくれてたのは祖母でした。

いろいろ怪我をさせちゃいけないとか責任も感じてたと思うし、心配性なので門限とかが厳しく、口うるさく言われる事もありました。

それが愛情である事に気付けず反抗したり、早く家を出たいと高校を卒業して県外の学校に通うことにしたり……今になって考えれば、自立したかっただけじゃなくて、逃げてたのかなって思うこともあります。

 

でも、こうやって成人してもいっつも心配してくれて、何があっても味方でいてくれて、そういう人が居てくれるってどれだけ幸せで心強いことか。

過去は変えられないけど未来は変えられるから、今の気持ちを忘れずにもっともっと大切にしたいです。

ありがとう。長生きしてね。

f:id:w27a345e3a275y:20170526210456j:image