*おもてとうら

今日は、病児担当で早朝出勤。

今日みていた子は、受け入れした時から1日中ご機嫌ななめで泣き声が響いてました。

 

もう1人のお子さんは、風邪でしたがその子のママも筆談をしなくてはいけないくらい声が出なくて体調の悪い中、働きに行きました。

 

お子さんも体調が悪い時は、家族とお家で甘えながらゆっくり過ごしたいのに、知らないところに来て、知らない人と一緒にいなければいけないのは相当負担だと思います。

保護者の方だって苦しんでる我が子と一緒にいたいはずです。

それでも、利用しないといけない事情があるので、そんな保護者にかわって私たちは精一杯その子達の病状の変化を気にしながら、安静に、出来るだけ安心して過ごせるように保育します。

 

病児病後児保育室が出来て、ありがたいという声も沢山いただきますが、これだけ需要があるという事は、反対にそうまでしても働かなくてはいけない社会の厳しい現状があるんだなって思いました。

 

また、この施設が出来たが為に、預けてでも出勤をしなくてはいけない状況になってしまってるのかなと感じました。会社側にとってもそんな施設があるなら、休まれるよりも利用して来てくれる方がありがたいと思います。

少しでも力になりたい気持ちと、無力感を感じますが、今できる事は毎日利用するお子さんが少しでも安心してゆっくり休める場をつくってあげる事なのかなって思います。

 

明日も病児で早朝出勤なので、今日はゆっくり休んで明日に備えます!

f:id:w27a345e3a275y:20170531181236j:image