*ちから

今日は主任の先生をはじめ、託児所に長く勤めてる先生達で託児所と病児の二手に分かれ、お仕事をしていました。

 

前から勤めてる先生達と一緒の勤務の時は、気持ちがリラックス出来てお仕事をしていても、いろいろな面で楽しいです。大変でも辛くても乗り越えられる気持ちになります。

 

今日、そんな先生達とお話していて感じました。

弁がたつというのは、大切な人達を守る為に無くてはいけないのかなって。

私はお話するのが苦手で、言葉の引き出しも少ないし、緊張するとドモリみたいな話し方になってしまいます。

だから、お仕事をしていてそれはおかしいって思っても結局は弁がたつ人達に負けてしまう。言ったもん勝ち。弁がたつ人が有利。

感情に訴えかけるだけじゃ、響かない。

どんなに悲しくて悔しくても、言葉での表現が下手だったら、無きものにされてしまう。

 

言葉の力、伝える力、強さが欲しい。また前みたいに笑ってお仕事がしたい。

ただただ、子ども達の成長を喜んで、笑顔でお仕事がしたいよ。

f:id:w27a345e3a275y:20170613220325j:image